iPad iPhoneの液晶交換後のエラー53について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad  iPhoneの液晶割れなどで保証で修理できないときに、正規でない修理屋さんで修理されることもあると思います。

正規の修理店は

  • 端末が新品になります。
  • 料金が高い
  • データのバックアップはお客様がすること
  • など

正規でないショップは

  • 故障した部品のみの交換
  • 料金が安い
  • データはそのままであることが多い

など

上記のことから非正規のショップでTouch ID(指紋認証)がついてます iOSデバイスのガラスを交換した後に
iOSのアップデートを行うとエラー53が発生して使用できなくなる問題が発生してました。
この現象は、Appleが工場出荷時に検品するときにTouch IDを認証させるときに使用してました機能で
お客様には不要な機能でした。Appleもこの件に対して新しい iOSのバージョンアップで対応しました。

iOSデバイスのエラー53の対処方法

  1. Macもしくは Windows パソコンで iTunes が開いている場合は、iTunes を終了します。
  2. iOS デバイスがコンピュータに繋がっている場合は、接続を外してください。
  3. デバイスにインストールされてる iTunes が最新バージョンであることを確認します。
  4.  iOS デバイスをUSBケーブルでコンピュータに接続します。
  5. iTunes を開いて、下図のところをクリックしてデバイスを選択します。
  6. iTunes に ”...を復元” または ”更新” のオプションが表示されたら、”更新” をクリックします。iOS の再インストールとデバイスの復元が試みられます。
  7. Apple ロゴの画面で停止して進まない場合は、iOS デバイスを強制的に再起動します。”...を復元” または ”更新” のオプションが表示されたら、”...を復元” をクリックします。
  8. iOS デバイスの ”Hello” もしくは ”こんにちは” の画面が表示されたら、デバイスの初期設定を進めます。
  9. デバイスをバックアップしたことがある場合は、バックアップを基に設定できます。
  10. Touch ID の画面が表示されたら、”Touch ID を後で設定” をタップします。
  11. エラー 53 が表示される前からデバイスの Touch ID が正常に機能しない場合、Touch IDはデバイスを更新または復元後も正常に機能しません。Apple サポートにお問い合わせください。

それでもエラー 53 が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

とappleもホームページにて情報を載せてます。

Appleの情報元は ”エラー 53 が表示され、iPhone や iPad が「iTunes に接続」画面から進まなくなった場合”

https://support.apple.com/ja-jp/HT205628

です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。