お客様の大切なデータを復旧させていただきます。
思い出の写真、ワードやエクセルのデータ、マイドキュメント・ミュージック・ピクチャー・ビデオのデータ、筆まめ・筆ぐるめなどの住所録、大事な書類、仕事のデータ、会計ソフトのデータなどを 復旧・復元させていただきます。大事なデータが読み込めなくなって困ったときは経験豊富な 京都パソコン修理 TeraWinにご相談ください。

ハードディスクの障害などについてはハードディスクのコラムに詳しく書かせていただいてます。

弊社では、Ace Laboratory社のPC-3000を導入しています。
PC-3000は、物理障害のHDDの基盤やモーターなどを制御して物理障害のHDDからデータ復旧できる装置です。障害のありますハードディスクを開封せずに負担の少ない方法で、まずはお客様にのデータを復元・救出をいたします。

PC-3000読込方法

 

PC-3000のデータ復旧は、ヘッドを制御・ファームウェアの制御・不良セクターエラーの回避・モーターの制御などをして 、物理障害のあるHDDを認識できるようにして、読める範囲で違うHDDにコピーをして、コピーしたHDDのほうでデータ復旧を行います。 故障してるHDDで負荷のかかる作業をしますと、故障の具合がだんだん重度になり認識しなくなる可能性が高いので、まずコピーをしてから作業をしてます。詳細は図1に記載しています。

 

データ復旧の時、元の故障してますHDDを読み込んでる時に不良セクターによって長時間同じところを読込続けてますと、ハードディスクに負荷をかけ続けることになり、データ復旧中に認識できなくなることがあります。PC-3000では、不良セクターがあった時には、読み込み作業をこちらから指定したサイズでスキップするようにして、なるべく負荷のかからない方法でデータ復旧します。

2回目の読込作業の時は逆方向からエラー発生時のスキップ幅を1回目より小さくして読み込みます。読み込めなった部分をこの工程を調整しながら不良セクター以外は読み込めるようにいたします。

不良セクターで読み込めなった部分は、データを救出して保存したハードディスクの方で データ修復作業を行いまして、データをなるべく認識できるようにいたします。

弊社では故障してますHDDになるべく負荷をかけない方法で、救出できる方法を行っております。

ハードディスクヘッド写真

 

右の写真はハードディスクのヘッドの写真です。このHDDは4枚のプラッターがありますので、プラッター両面にヘッドがありますので8本のヘッドがあります。 この1本でもヘッドに障害がありますとヘッドの位置情報にエラーが発生しますのでヘッドが暴れて、異音がして正常に認識しなくなります。 この状態になりますと、ヘッド異常でヘッド移植をまず初めにされる業者もありますが、弊社ではPC-3000で故障してるヘッドだけを制御して読み込まないようにして、残りの7本のヘッドでまず先に7面の時期層に書かれてますデータを 取り出します。お客様の必要とされてます大事なデータがこの7面の磁性体に記憶されてますと開封せずにヘッド移植しないでデータ救出できます。弊社では、なるべく開封作業せずにお客様のデータを救出するようにしています。 開封作業には、細心のチェックをして作業しても、リスクを伴うからです。そのことはデータ復旧コラム>HDDについて>ハードディスクの開封は慎重に・・・に書いております。 ご参照ください。ただし、開封作業が必要な時には、弊社と個人情報保護の契約書を締結していますクリーンルーム完備でデータ復旧の実績が豊富な会社と提携してます。




論理障害

  • ファイルやフォルダを削除して、ゴミ箱も空にした
  • ディスクをフォーマットした
  • パソコンが起動しなくなった
  • FDISKを操作してしまった
  • パーティションを開放してしまった
  • ウイルスによる障害
  • アプリケーションによる障害
  • 保存したはずのファイルやフォルダが保存されていない
  • ファイルシステムの不具合

など

物理障害

  • Biosでディスクが認識しなくなった
  • カチンカチンを音がする
  • HDDから焦げた異臭がする
  • HDDからモーターの回転する音がしない
  • 落下や水没させて読み込めなくなった
  • OSのディスクの管理で認識しなくなった

など

データが読めなくなった時にすることは

データを誤って削除したり・OSなどの不具合により読めなくなった・フォーマットしてしまったなどは、そのままパソコンを使用してますとデータが保存されてた領域に違うデータを上書きしてしまいますので、データ復旧が出来なくなります。
データが読めなくなった時点で、パソコンを使用せずにシャットダウンしてパソコンを使用しないようにお願いします。SDカードやUSBメモリーや外付けHDDなどはパソコンから外して使用しないようにお願いします。
使用されることによってデータの復旧の成功率が下がります。
データをあやまって消失したときには、弊社まで連絡ください。

データ復旧料金

論理障害 (軽度)

  • 軽度なウイルス感染によるPC不具合
  • OSが起動しない(HDD物理障害・パソコン機器の物理障害を除く)など
HDD容量 復旧料金
  PC修理項目へ

論理障害 (重度)

  • データをゴミ箱から削除した
  • データ領域のパーティーションを削除
  • データ領域をフォーマットした
  • ファイル情報の障害によるエラー など
HDD容量 復旧料金
320GB 以下 ¥22,000
500GB 以下 ¥23,000
1TB 以下 ¥24,000
2TB 以下 ¥32,000
3TB 以下 ¥40,000
4TB 以下 ¥48,000
4TB 以上 ¥54,000 ~

物理障害 (クリーンルームでの作業なしの場合)

  • HDDのファームウェア障害
  • HDDの基盤の不具合
  • HDDのモーターの不具合
  • 軽度なHDDのヘッド障害
  • 軽度なHDDのディスクの傷による障害
  • BIOSで認識と認識不可を繰り返す
HDD容量 復旧料金
500GB 以下

¥65、000

1TB 以下 ¥70,000
2TB 以下

¥85,000

3TB 以下 ¥100,000
4TB 以下 ¥115,000
4TB 以上 ¥130,000~

物理障害 (クリーンルームでの作業が必要な場合など)

  • クリーンルームで物理障害に対する処置
  • 移植作業が必要な場合
HDD容量 復旧料金

1TB 以下

¥120,000
2TB 以下 別途見積もりいたします

USBメモリ・SDカードの不具合

  • USBメモリ・SDカードからデータを消去してしまった
  • USBメモリ・SDカードを初期化してくださいとのメッセージが標示される
  • USBメモリ・SDカードが認識しなくなってしまった
障害内容 復旧料金
データを消去した ¥14,000
初期化してくださいのメッセージ
フォーマットしてしまった
¥16,000
USBメモリ・SDカードが認識しない ¥30,000~ 別途見積もりいたします。

修理メニュー